うつわのこと

突然ですが、有田焼と聞くと、どんな器を思い浮かべますか?
高級・美術品・華美・・・といったイメージを持っている方も
たくさんいらっしゃるかと思います。
有田焼は2016年に創業400年を迎えましたが、
現代の有田焼は、伝統を守りながらも日々進化し続けています。

美しい藍色で丁寧に描かれた模様。
赤絵や金彩が使われた、遊び心のあるデザイン。
高い技術でひとつひとつ手間と時間をかけて作られている有田焼には
大量生産の器にはない温かみがあります。
すっと食卓に馴染み、使うたびに愛着が湧いてくるんです!
軽くて丈夫で、お手入れも簡単。
洋食を盛りつけても様になるところも有田焼の魅力です。



そして波佐見焼。
波佐見は元々、有田焼の下請け産地でした。
時代にあわせて様々な器を作っていましたが、産地としての特徴がなく、
最近まで「波佐見焼」の名前は知られていませんでした。

波佐見焼は作業を効率化するために分業体制をとっています。
そのため、量産を得意とし、低価格で安定した商品を作ることができます。
庶民にも手が届く普段使いの器として古くから親しまれてきました。

波佐見の窯元さんは、常に新しいものを作り続けています。
産地としての特徴がないからこそ、型にはまらず、柔軟な発想で、
その時代の流行やニーズに応じたうつわ作りをすることができます。
可愛くて、おしゃれで、手頃な値段。
まさに今の若い世代の方にピッタリな器だと思います。



こちらのページでは
磁器、陶器、染付、赤絵・・・その違いは?見分け方は?
食洗機は?電子レンジは使える?
そんな疑問に(できるだけ)分かりやすくお答えいたします!

まずは食洗機・電子レンジの使用一覧表です。
 
  食洗機 電子レンジ
 染付
 赤絵
 金彩・銀彩 × ×
 プラチナ × ×
 マット
 陶器 × ×

詳細は以下をお読みください。





器のベースとなるのは磁器と陶器です。

磁器 - jiki



磁器(石もの)の器です。
石を細かく砕いたものが原料で、吸水性がありません。
1300〜1400℃の高温で焼成されています。
素焼きした生地の上にガラス質の釉薬がかけられています。
丈夫で汚れが付きにくく、手入れがとても簡単です。

陶器(土もの)に比べると薄手で硬質。
爪ではじくと、カンカン・キーンという澄んだ高い音がします。
※ヒビが入っている場合は鈍い音がします。

表面を触るとツヤツヤしています。
釉薬がかかっていない高台裏は少しマットですべすべしています。

食洗機・電子レンジの使用
磁器の器は、ほどこされている加工(絵付け)によって
食洗機・電子レンジの使用方法が異なります。
詳しくは「絵付けの名称」をご覧ください。


陶器 - touki



陶器(土もの)の器です。
粘土質の土が原料で、吸水性があります。
釉薬をかけてから900〜1300℃で焼成されます。
磁器にはない温かみがあります。

磁器に比べると厚手で柔らかいです。
爪ではじくと、トントン・コンコンという鈍い音がします。
釉薬がかかっている表面はツヤツヤですが、
釉薬がかかっていない高台裏部分はザラザラしています。



陶器の器に見られる貫入(かんにゅう)は
土と釉薬の収縮率が違うために入るヒビのことです。
これは陶器の模様の一種で、ヒビや傷ではありません。

この貫入は、使い続けていくうちに変化していきます。
陶器が好きな方の中にはこの変化を楽しむ方もいらっしゃいますが、
気になる方は「目止め」の作業をしていただくと効果的です。

 * * *

陶器を長くキレイにご使用いただくためのポイントです。

・さっと水にくぐらせ、水気をふき取ってからご使用ください。
・ご使用後は浸け置きせず、出来るだけ早く洗ってください。
・よく乾燥させてから食器棚にしまってください。

食洗機の使用
陶器は磁器に比べると柔らかいので、
食洗機の水圧などで器同士がぶつかると破損の原因となります。
また、浸け置きや食洗機の長時間使用で水分が染みこむと
汚れ・カビ・破損の原因となります。
そのため、当店では食洗機のご使用をオススメしておりません。
よく乾燥させてから食器棚にしまってください。

電子レンジの使用
多少の使用は問題がないものの、使うたびに少しずつ劣化します。
長い期間ダメージを与え続けると強度が落ち、破損の原因となります。
そのため、当店では電子レンジのご使用をオススメしていません。
長く使い続けたい場合はできるだけ電子レンジのご使用はお控えください。





絵付けの名称

染付 - sometsuke



染付とは、白地に青(藍)色で絵付けされている器の総称です。
素焼きした生地の上に「呉須」という絵の具で絵付けをし、
その上からガラス質の釉薬をかけて焼成します。
そのため、手書きの染付が色褪せることはありません。

濃(ダミ)とは、上の画像のように呉須を太い濃筆で塗りつぶす技法のことです。

食洗機・電子レンジの使用
どちらも使用できます。


赤絵 - akae



上絵付のひとつで、上品な赤色です。
ガラス質の釉薬をかけて焼成した器に赤い塗料で絵付けをし、再度焼成します。
つまり、完成した器の上に絵をかき、更にもう一度焼きます(上絵付)。
手間がかかるため、同じ模様の青い器より値段が高くなる場合もあります。

赤絵部分はガラス質の釉薬でコーティングされていないので、
触ると少しザラザラしています。
硬いもので擦ると、赤絵部分が剥げることがあります。



赤い器=赤絵というわけではありません。
こちらの器のように、上絵ではない「色付きの釉薬」もあります。

食洗機・電子レンジの使用
ツヤツヤの表面に絵付けされているので、
食洗機の使用を続けると光沢がなくなったり、赤絵部分が剥げる場合がございます。
できるだけ食器用洗剤をつけた柔らかいスポンジで洗ってください。
漂白剤のご使用もお控えください。

電子レンジは、お料理の温めなおし程度の使用であれば問題ありません。
長時間のご使用はお控えください。


金彩・銀彩 - kinsai・ginsai



上絵付のひとつで、キラキラ光ります。
ガラス質の釉薬をかけて焼成した器に金・銀の塗料で絵付けをし、再度焼成します。
赤絵と同じく、完成した器の上に絵をかき、更にもう一度焼く上絵付です。

絵付部分はガラス質の釉薬でコーティングされていないので、
触ると少しザラザラしています。
硬いもので擦ると、絵付部分が剥げることがあります。

食洗機・電子レンジの使用
ツヤツヤの表面に絵付けされているので、
激しい研磨に弱く、絵付部分が剥げる場合がございます。
また、変色の原因となりますので食洗機のご使用は出来ません。
食器用洗剤をつけた柔らかいスポンジで洗ってください。
漂白剤のご使用もお控えください。

電子レンジはご使用いただけません。


プラチナ - platinum



上絵付のひとつで、キラキラ光ります。
ガラス質の釉薬をかけて焼成した器にプラチナ塗料で絵付けをし、再度焼成します。
赤絵と同じく、完成した器の上に絵をかき、更にもう一度焼く上絵付です。

絵付部分はガラス質の釉薬でコーティングされていませんが、ツヤツヤです。
硬いもので擦ると、絵付部分が剥げることがあります。

食洗機・電子レンジの使用
ツヤツヤの表面に絵付けされているので、
激しい研磨に弱く、絵付部分が剥げる場合がございます。
また、変色の原因となりますので食洗機のご使用は出来ません。
食器用洗剤をつけた柔らかいスポンジで洗ってください。
漂白剤のご使用もお控えください。

電子レンジはご使用いただけません。


マット - matte



素焼きした生地の上に、マット(つや消し)の釉薬をかけて焼成します。
ツヤツヤではなく、すべすべした優しい質感が特徴です。
釉薬そのものの発色なので剥げることはありません。

食洗機・電子レンジの使用
どちらも使用できます。





その他

急激な温度変化は破損の原因となるため、急熱急冷はおやめください。
例:冷えた器に熱いものを注ぐ・熱い器を冷水に漬けるなど。





木製カトラリー

食洗機・電子レンジはご使用いただけません。
また、木製品は水を含みやすいため、
長時間水につけておくとカビや黒ずみの原因になります。
できるだけ早く洗ってから乾かしてください。



私物のスプーンです。
食洗機の使用を4年間続けたところ、ふちが剥げてきました。
木製品はどうしても劣化しますが、少しでも長くご使用になるために、
手洗いをオススメ致します。


【 トップページに戻る 】

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。