一閑人しずく型向付 染付放射十文字 FS200831-4

6,380円(税580円)

購入数
有田焼の窯元、福泉窯。
人々の生活に欠かせない器から、幸せが泉のように湧き出ますように・・・
そう願いを込めて、創始者が「福泉」と命名しました。
先人陶工たちの熱い思いを受け継いだ染付の器を中心に、
遊び心ある上品な器づくりをしています。

ふちに唐子の人形がついているうつわを一閑人(いっかんじん)と呼びます。
暇な人が井戸をのぞき込んでいる姿と言われていますが、
こちらのお人形さんは、うつわの外側を眺めています。

向付(むこうづけ)は、懐石料理で刺身やなますを盛り付けるお皿のこと。
お刺身やお浸し、煮物などをちょこんと上品に盛り付けると、とっても素敵ですよ。
生地がぽってりと分厚く、重さがあるので、安定感があります。
見ているだけで楽しい個性的なうつわを是非使ってみてくださいね。

生地の白い部分は、真っ白ではなく、青みがかっています。

【 うつわの特徴について 】
釉薬の特性上、焼成時にお人形さんの顔がほとんど消えてしまいます。
仕上がりには個体差があり、中にはほんのり表情が分かるものもありますが、
基本的には顔が消えています。
表情ではなく、うつわを覗き込んでいる可愛らしい姿をお楽しみいただければ幸いです。
お客さまにお選びいただくことはできませんので、予めご了承ください。



窯元:福泉窯(有田)
サイズ:11.6×20×高さ7.5cm
11.6×20×高さ6.5cm(お人形を除く)
レンジ:使用可
食洗機:使用可

福泉窯の商品一覧を見る

PICK UP ITEMピックアップ商品

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。