なぶり小判焼皿 青海波光彩ラスター

2,916円(税216円)

購入数

旅館や料亭などで使われている割烹食器を製造している貞陸窯さん。
プロが使う食器の中から、家庭でも使えるデザインをセレクトしました。

いくつもの工程を経て作られる華やかな器は、
ひとつひとつ手作業で、白い釉薬をしずくのように吹き付けてから
キラキラ輝く「ラスター釉」を塗って焼成されています。
しずくの部分が、角度によって白や紫、緑のように見える不思議な器です。

プロの料理人が焼魚や煮魚を盛り付けるために使う小判焼皿は
オムライスやパスタなどを盛り付けても素敵ですよ。

青海波(せいがいは)は半円を重ねて波を表した文様のこと。
穏やかな波、無限に広がる海を連想させることから
「平穏な暮らしがいつまでも続くように」という願いが込められています。
ラスター釉は器の表面(絵付部分以外)に塗られており、
絵付部分と裏面(外側)はツヤのある白磁です。



サイズ:26cm×14.3cm×高さ4.2cm
窯元:貞陸窯(有田)
備考:レンジ○ / 食洗機○

貞陸窯の商品一覧を見る
柄違いの商品を見る
なぶり小判焼皿 矢羽根光彩ラスター