八角手塩皿 雪

2,052円(税152円)

購入数

手塩皿とは、直径11cm以内の小皿のこと。
京都・朝廷の食卓で手元に塩を盛る器として使われたということから
手塩皿(おてしょ皿)と名付けられたと言われています。

江戸時代に有田の地で多く作られていた手塩皿が、
手塩皿復刻プロジェクトにより、400年の時を越えて甦りました。

見込(器内部の底部)に平らな面を作らず、
漏斗状に作られているのが特徴の八角手塩皿。
濃淡で描かれた雪の結晶のような模様が美しい、上品な器です。
醤油や薬味、お漬物やデザートをのせる名脇役としてお使いください。



サイズ:径10.6cm×高さ2.1cm
窯元:田清窯(有田)
備考:レンジ○ / 食洗機○

田清窯の商品一覧を見る