有田焼 窯元一覧
 
一峰窯
ippo
金善窯
kanezen
北川美宣窯
kitagawabisen
皓洋窯
kouyou
幸楽窯
kouraku
古鈴陶芸社
kosuzu
後藤定山窯
goto teizan
聖陶苑
seitouen
そうた窯
souta
大日窯
dainichi
田清窯
tasei
伝平窯
denpei
徳幸窯
tokkou
福珠窯
fukuju
福泉窯
fukusen
宝泉窯
housen
山口洋一工房
Youichi Yamaguchi

有田焼(ありたやき)は、佐賀県有田町やその周辺の地域で製造されています。
1616年に有田町の泉山で磁器の原料となる「陶石」が発見され、
有田は日本で初めて磁器の焼成に成功したと言われています。

江戸時代、有田周辺で作られた焼き物は伊万里港から船で積み出されていたため、
「有田焼」ではなく、港の名前から「伊万里焼」と呼ばれていました。
当時の焼き物は、現代では古伊万里と呼ばれる歴史的価値のあるものです。
「有田焼」という名称が広まったのは
鉄道での輸送が中心になっていった明治時代以降のことです。

美しい藍色で丁寧に描かれた模様。
赤絵や金彩が使われた、遊び心のあるデザイン。
高い技術でひとつひとつ手間と時間をかけて作られている有田焼には
大量生産の器にはない温かみがあります。

良いものを長く大切に使いたい。
そんな方には是非、有田焼を使っていただきたいです。


【 トップページに戻る 】

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。